鬼会とは?


自ら革を手作業で染め
蜜蝋と数種類のオイルをブレンドしたワックスを染色後浸透させ
切り出し・縫い・磨き と全ての作業を手作業にて行う
一点物の革小物を製作
 必要に応じ地金(銀・真鍮・銅等)を弄ったり 
 ワックスワークをしたり
 木工・漆塗り 蜻蛉玉製作 鹿角や牛骨・象牙等の加工もしてます


名前の由来
 鬼会(おにだまり)とは甲冑の胸板の部位の名称で
単純に音が気に入ったのと 心臓を守る部位である事が気に入り
現在使われない この読みを読める人が増えたら面白いじゃないか
と思い使ってます
 他にも色々想いはあるのですが 上記の感じでいます


鬼会ができるまで
1993年より「Kengs(ケングス)」の名で弦楽器の製作・修理・改造
  内蔵サーキット・エフェクター等の製作を行う

2000年頃 楽器の装飾を目的に彫金・ワックスワークを学び
  そこからシルバーアクセサリーブランド「Low-Kengs(ロウ-ケングス)」を開始
  デザインフェスタ等に出展を始める

2002年 革に興味を持ち染めを始める
  同時期金襴織物に興味を持ち 各地の骨董市等で色々な生地を探し
  革と合わせ 使用テストを始める
  埼玉県にあるお店さん(現在取り扱いはありません)に声をかけていただき店頭販売を開始
  と共に 名前を「鬼会」に変更
  
2004年 千葉県柏市の「歩花の煙」(現在pokapoka)さんに声をかけていただき
  本格的に動き始める ※現在は閉店しております




拘り
  和柄ブランドとされがちですが
和柄に対する拘りがある訳ではなく
製作者自らが美しいと思える物を作る事のみに拘っています
 金襴織物を使っているのも和柄と言う感覚以上に
サイケデリックと言う感覚が強く 金襴単体での作品も多いですが
錦蛇等のエキゾチックレザーと合わせた 艶やかな作品も
製作者ならではの感覚で作っています
 明らかに和では無い と言われるアイテムも多いですが
そこに拘りを持っていないが故 
 自ら作りたいと思った物は 出来る限り吸収していきたいと思っています



革について
  作る物によって使用する革が変わる事もあります
基本はタンニン鞣しのハードレザーを選び 染め
オリジナルのワックスを浸透させた物を使います
 特殊な物として 柿渋染めもします
柿渋液で芯まで染め 薬品の類を一切使わずに
柔らかく仕上げる独自の技法で仕上げた革です
 他に作るものに応じソフトレザーも使ったり
工場で染めが済んだ革を使う場合もあります
(自分では出来ない染め方が必要な場合等)



他の素材
  銀・銅・真鍮・アルミ・錫合金等 必要に応じ
地金を弄ったり ワックスワークをしたりします
 自分の使う紐に合う紐留めが無い為 蜻蛉玉も
金箔等を練り込み製作しています
 鹿角・牛骨・象牙等の細工もパーツとしてであったり
単体の作品として弄ります
 木工・漆等もパーツとして必要な時は使っています
 金襴織物等の半端を使いUVレジンでの作品も多少やっています
 他今後必要・興味に応じ 色々学んでいきたいと思います




融合(collaboration)
 現在はガラス作家のIHE Impoerter(アイヒーインポーター)さん
 同じくガラス作家のaquarius(アクエリアス)さん
 シルバーアクセサリーブランドのLilacさん
 とのコラボレーションをさせていただいてます
  特に新たなコラボレーションをしたいとは思っていませんが
 面白い物が産み出せそうな方と一緒に何かできたらとは常々考えています



特注品について
 特注と言っても ベースに鬼会が存在する事が前提であり
よくあるのですが 全てのデザインを決め仕上げたうえで
作って欲しいと言われる方がいらっしゃいます
鬼会は あくまで製作者が いいと思う物のみを作る
と言う曖昧な一点のみに拘りを置いてますので 
完全にデザインを決めての製作は
お断りさせていただいております
※2014年より 特注品受付を中止させていただいております
特注品受付から仕上がりまでを最長1ヵ月としていたのですが
現在それが難しいのと 今後の製作の為学びたい事がいくつかある為
一時中止させていただいております
また再開出来るようになりましたら このサイト・ブログにて
お知らせさせていただきます